カードローンの審査では主にこのような点を見られます

カードローンを契約してお金を借りる時は、まず審査が行われます。これに通らないとお金を借りることができません。個人の借入は、基本的に担保も保証人も要りませんが、その代わりその人の返済能力が重視され、そのために審査が行われるわけです。審査では、まず安定した収入があるかどうか、そして信用情報にブラックが登録されていないかを見られます。この2つは、返済能力をチェックするためのものです。収入がないと、お金を借りても返済することができません。またブラックが登録されるということは、ローンの返済が3回続けて遅れた場合、または債務整理をした場合です。このいずれもが、期日までに返済できなかったということなので、金融機関としてはその部分をまず見る必要があるからです。

その他、他社からの借入も審査では重要になります。他社からの借入件数が多い場合は、返済能力を疑問視されるため、新規に融資をしてもらえないこともあります。特に消費者金融のカードローンには、総量規制があります。総量規制は、年収の3分の1に当たる金額を、借入限度額とするシステムです。このシステムは、消費者金融でのカードローンの利用すべてが対象となります。ですから、消費者金融からの利用が多く、借入額が限度額を上回ってしまうようになると、審査に通らないことがあります。このような時は総量規制対象外の消費者金融、または銀行のカードローンに申込むようにしましょう。銀行は消費者金融とは違い、総量規制はありません。それから申込時は、用紙に記入した、あるいはフォームに入力した事項に、間違いがないかどうか気をつけましょう。もし個人情報、たとえば電話番号が間違っていたりすると、連絡を取ることができず、カードローンを利用できなくなってしまいます。また勤務先の正式名称や、電話番号などもきちんと把握しておくようにしましょう。また審査に通りやすいように、他社からの借入件数や借入額をごまかしても、金融機関には嘘だとわかりますので、避けるようにしましょう。

関連記事