銀行のカードローンの特徴を知る

銀行でも消費者金融の様にカードローンを扱っており、利用者も大勢います。銀行を利用する大きなメリットの一つが、消費者金融に比べると設定されている金利が低いと言う事です。通常、カードローンを利用する場合は借入額だけを返済するのではなく、そこに金利分を合わせて返済して行く事になります。おすすめカードローンについて)その為、高金利の所を利用してしまうと、その分返済総額が増してしまう事に繋がります。金融機関によって設定されている金利には差がありますが、時にはその差が3%、4%程になってしまう場合も決して珍しくありません。数パーセントの違いなのですが、実際に返済総額を計算してみるとかなりの差が出てくる場合も有ります。特に借入額が多い場合、その差が数万円から十数万円に上ってしまう可能性も十分あるのです。したがって、出来るだけ返済総額を少なくしてカードローンを利用したい場合、銀行はとても利用価値が高い金融機関だと言う事が出来ます。

ただ、消費者金融と銀行の間では、ただ単に金利の違いがあるわけでは有りません。消費者金融の場合は、確かに金利が高くなっていますが、その分審査に要するスピードが短くなっています。その為、即日融資を利用する事が出来る所が多く、その日のうちに必要な額のお金を借りる事が十分可能です。ただ、審査を簡略化している為、利用する人が多くいますが、その分早く貸したお金を回収する為に金利が高めに設定されているのです。その点、銀行は確かに審査に時間を要する場合があり、時には即日融資が出来ない場合も有ります。しかし審査に時間を掛けて行うので、その分誰でも利用する事が出来る訳ではないので、設定される金利も少し低くして融資する事が出来るようになっています。ただ、現在では銀行のカードローンでも即日融資が出来る物も増えてきており、審査のスピードと言う点での銀行と他の金融機関の間の差と言うのは以前に比べると次第に無くなってきている状況です。

関連記事