自営業者として働いている方々にとってのキャッシング

業者から借りようと検討中の方々の状況は、それこそ色々です。主に給与所得者がそれに興味を持つことが多いのですが、自営業も同様です。 そもそも自営業者が、色々と資金繰りの事情が多いですね。売り上げに関わる問題があって、急いでお金を調達したいとお考えの法人は、本当に多いと思います。取引先との都合があって、とにかく1日でも早くお金を調達したい等のニーズは大変多いのです。

ですのでその方々も借りようと考えるケースが多いのですが、その属性の方々は、勤続年数が1つのポイントになります。ある程度年数が長いことが前提になるのですね。というのもキャッシングでは、勤続年数が重視される事が大変多いです。ある程度会社で勤めている期間が長い方は、借りる事ができる確率も高めなのですね。 1つの基準としては、1年です。つまり会社で勤めた年数が1年以内の方は確率が低めなのですが、それ以上の方々は比較的確率が高めになります。

ところが前述の自営業の方々は、ちょっと話は異なるのですね。さすがに1年では、少々難しい傾向があります。金融会社によっても基準は異なるのですが、3年以上が1つの目安と言われています。それだけ長めな年数が求められるのが、自営業者のキャッシングの特徴の1つですね。 また自営業者の場合、書面も少々特殊になるのです。前述の給与所得者がそれを利用するとなると、せいぜい身分証くらいが必要ですね。

しかし自営業の場合は、さらに色々な書面が必要になるのです。もちろん身分証も必要になりますが、それ以外に事業に関わる色々な証明書が必要になるケースが多いのです。ですので自営業者は、ちょっと必要な書類数が多めになります。 つまりその属性の方々はやや手間が多めになるのですが、それでもキャッシングに対する需要は多いようですね。やはり資金繰りの問題は、会社にとっては死活問題なのでしょう。多少手間がかかってでも、借りたいと思っている法人は非常に多いようです。

関連記事