仮想通貨とはについて調査しました。

概要

仮想通貨の最も大きな特徴は現金が発行されていないということです。たとえば、駅やコンビニで使えるようになっている電子マネーは利用するときに現金のやりとりはありません。しかし、その裏付けには法定通貨があり、法定通貨である現金を電子化したものなのです。

一方、仮想通貨は発行から決済、取引の承認まですべて電子上で行われ、実物が存在することはありません。インターネットで生み出されてインターネットで使われるのが仮想通貨なのです。そしてSuicaなどの電子マネーは法定通貨に換金はできませんが仮想通貨は双方向に換金が可能なのも特徴的です。

代表的なビットコインはP2Pという分散型ネットワークを構築しています。これまでは開発者や提供元がサーバー構築をして運営するのが通常でしたが仮想通貨はサーバーを必要とせず、分散されたネットワークで維持ができるためコストカットにも繋がります。

入手方法のひとつしてマイニングという取引の承認作業を行うことの報酬として、仮想通貨を手に入れられることもできますが、取引所による売買で入手する方法が主流になっています。このアルゴリズムをプルーフオブワークと呼び、承認作業が「お金」としての信頼性を保っています。国内外のウェブサービスを中心に決済手段として利用できる箇所が増えています。

問題点

仮想通貨は従来の法定通貨とは一線を画す新たな通貨として注目を集めていますが、問題点もあります。その筆頭に挙げられるのが管理上の問題で、法定通貨は国家が責任を持って発行と管理を行っていますが仮想通貨は管理する団体などが存在しません。そのためトラブルがあっても個人で解決しなければならないのです。また、現物がないため仮想通貨の送金はアドレスによるやりとりで行われますが、送金の認証に多大な時間が掛かるため利用の点で問題になりましたが、現在は解消できていています。またコインチェックなど世界各国の取引所はハッキングを受け、多額の仮想通貨が盗まれるという大事件が起きています。これはオフラインで管理できるレジャーナノという商品があります。PC知識が少し必要なので初心者に向かないのが難点です。

金融庁への登録

仮想通貨は取引所による売買が可能で、株式や為替と同じように取引を行えるようになっています。以前は粗悪な業者が事業を行っていて、顧客の通貨を預け入れたまま倒産するといったことが起きていました。しかし現在は金融庁が仮想通貨交換業者の登録を始めたことで素性が分からない業者に投資家が集まるということがなくなったのです。
とはいえ、現在の仮想通貨市場はまだ発展途上であり、たとえば株式市場では当たり前の値幅制限がなかったり為替市場では一般的なレバレッジがより幅広く利用することが出来てリスクが高くなりやすいといった改善点があります。こういった点についても、金融庁が主導して今後解決することが望まれているのです。

まとめ

仮想通貨は新しいお金であり、最新のテクノロジーです。それがゆえの問題点はいくつもあります。国が介入することにより信頼して利用し始める方も少なくないでしょう。仮想通貨について分かりやすく書いてある「仮想通貨ドリーム」さんのサイトを参考させて頂きました。私のように文字ばかりでなく図も多いのでとても理解しやすいブログです。気になる方は是非、サイト訪問してみてください。

仮想通貨は日々進化しており、リップルのシステムは世界の銀行に普及しています。いまはまだビットコインのみが100万円前後と高価格帯を維持していますが、他のコインが正当な評価を受けるのが2018年ではないかと考えています。まだまだ完成と呼べる仮想通貨はありませんが、実社会が便利になって効率的な決済ができる世の中になってほしいものです。

関連記事