カードローンの審査とは~どんなことが見られるかなど

カードローンとは、銀行や消費者金融から受けることができる融資のことです。専用のカードを作成して利用することから、このような名称がつけられています。通常のローンとは異なり無担保で融資を受けることができ、返済に関しても分割が可能なので、比較的、利用しやすいローンのひとつだと言えます。ただしそうは言っても、カードローンはお金の貸し借りであることに変わりはありません。よってお金を貸す側にしてみれば、お金を貸す人がそれだけの信頼に値する人であるかどうかと言うのは、事前に確認しておきたいところです。

そのためカードローンを申し込んだ際には、金融機関によって審査が行われるのが一般的です。カードローンの審査の基準などは、金融機関によって異なります。ですがだいたいのところは共通しています。どんなところが見られるのかと言うと、これはその人の経済状況や家族状況、生活状況や勤務先の情報、また個人情報などです。まず経済状況や家族状況です。これは安定して、継続した収入があるかどうかと言うところから始まります。

家族状況は、一見するとカードローンとは無関係のようにも思われがちですが、これは本人以外に返済の義務を負うことができる人が、その身近にいるかどうかと言う点が見られていると判断することができます。生活状況や勤務状況は、居住地や勤務先が、特別な理由もないのに短期間で変わっていたりしないか、抱えているローンはないかどうかと言った点が見られています。そして最後の信用情報ですが、これは、これまでにその人が利用してきたあらゆる金融サービスの利用歴や内容などがこと細かに掲載されている情報のことです。たとえばクレジットカードの契約内容や利用歴、あるいはローンなどの契約内容や利用歴などです。もしここに事故情報と呼ばれるような、融資返済の遅延、債務整理の適用、現在、返済金の延滞をしていると言う情報が掲載されている場合には、審査には通過しにくい傾向にあります。

関連記事