仮想通貨とはについて調査しました。

概要

仮想通貨の最も大きな特徴は現金が発行されていないということです。たとえば、駅やコンビニで使えるようになっている電子マネーは利用するときに現金のやりとりはありません。しかし、その裏付けには法定通貨があり、法定通貨である現金を電子化したものなのです。

一方、仮想通貨は発行から決済、取引の承認まですべて電子上で行われ、実物が存在することはありません。インターネットで生み出されてインターネットで使われるのが仮想通貨なのです。そしてSuicaなどの電子マネーは法定通貨に換金はできませんが仮想通貨は双方向に換金が可能なのも特徴的です。

代表的なビットコインはP2Pという分散型ネットワークを構築しています。これまでは開発者や提供元がサーバー構築をして運営するのが通常でしたが仮想通貨はサーバーを必要とせず、分散されたネットワークで維持ができるためコストカットにも繋がります。

入手方法のひとつしてマイニングという取引の承認作業を行うことの報酬として、仮想通貨を手に入れられることもできますが、取引所による売買で入手する方法が主流になっています。このアルゴリズムをプルーフオブワークと呼び、承認作業が「お金」としての信頼性を保っています。国内外のウェブサービスを中心に決済手段として利用できる箇所が増えています。

問題点

仮想通貨は従来の法定通貨とは一線を画す新たな通貨として注目を集めていますが、問題点もあります。その筆頭に挙げられるのが管理上の問題で、法定通貨は国家が責任を持って発行と管理を行っていますが仮想通貨は管理する団体などが存在しません。そのためトラブルがあっても個人で解決しなければならないのです。また、現物がないため仮想通貨の送金はアドレスによるやりとりで行われますが、送金の認証に多大な時間が掛かるため利用の点で問題になりましたが、現在は解消できていています。またコインチェックなど世界各国の取引所はハッキングを受け、多額の仮想通貨が盗まれるという大事件が起きています。これはオフラインで管理できるレジャーナノという商品があります。PC知識が少し必要なので初心者に向かないのが難点です。

金融庁への登録

仮想通貨は取引所による売買が可能で、株式や為替と同じように取引を行えるようになっています。以前は粗悪な業者が事業を行っていて、顧客の通貨を預け入れたまま倒産するといったことが起きていました。しかし現在は金融庁が仮想通貨交換業者の登録を始めたことで素性が分からない業者に投資家が集まるということがなくなったのです。
とはいえ、現在の仮想通貨市場はまだ発展途上であり、たとえば株式市場では当たり前の値幅制限がなかったり為替市場では一般的なレバレッジがより幅広く利用することが出来てリスクが高くなりやすいといった改善点があります。こういった点についても、金融庁が主導して今後解決することが望まれているのです。

まとめ

仮想通貨は新しいお金であり、最新のテクノロジーです。それがゆえの問題点はいくつもあります。国が介入することにより信頼して利用し始める方も少なくないでしょう。仮想通貨について分かりやすく書いてある「仮想通貨ドリーム」さんのサイトを参考させて頂きました。私のように文字ばかりでなく図も多いのでとても理解しやすいブログです。気になる方は是非、サイト訪問してみてください。

仮想通貨は日々進化しており、リップルのシステムは世界の銀行に普及しています。いまはまだビットコインのみが100万円前後と高価格帯を維持していますが、他のコインが正当な評価を受けるのが2018年ではないかと考えています。まだまだ完成と呼べる仮想通貨はありませんが、実社会が便利になって効率的な決済ができる世の中になってほしいものです。

イーサリアムとビットコインの違い

イーサリアムは時価総額2位の仮想通貨であり、投資家にいつも注目されているアルトコインのひとつです。ビットコインと同じようにブロックチェーン技術を使って取引を記録します。イーサリアムが特徴的なのが、契約自体もブロックチェーンに記録できるという点です。このプログラムを「スマートコントラクト」と呼び、記録した契約を自動的に実行する機能があります。例えばAさんからBさんに10ETH貸して、一ヵ月後にAさんのもとに貸した10EHを返すという自動契約が可能なのです。分散型ネットワークであり、改ざんがしにくいため相手の信用度を気にする事無く、このような契約ができます。

ビットコインのプルーフオブワークはある問題がありました。プルーフオブワークとはビットコインの取引の認証をするためのシステムのことで、マイニング専用のコンピュータを大量に用意できれば独占的に採掘ができてしまうという問題です。本来、仮想通貨は中央集権を否定するものであり、マイニングをするマイナーが発言権を持ってしまったため、ハードフォークが起きてビットコインキャッシュが誕生しました。こういった背景からイーサリアムでは「プルーフオブワーク」ではなく「プルーフオブステイク」というアルゴリズムを開発しました。

ルーフオブステイクとはビットコインよりも消費電力が少なく、多くイーサリアムを保有してるマイナーほど承認される確率が上がります。またコインの量だけではなくコインの保有期間も考慮されるのが興味深いポイントです。ですので参入者がその日に大量にイーサリアムを購入しても、それほど効果は薄いでしょう。しかし保有数が考慮される以上、富の集中化が課題となります。プルーフオブステイクは今後イーサリアムに導入される予定で、あと3年以上はかかるという開発者の発言がありました。

 

仮想通貨投資で注意点まとめ

投資対象として仮想通貨を買い付けるという場合は、あなたと家族の生活に悪影響をもたらすことがないようにするためにも、大胆なことはせずに小さな額からやり始めるようにしましょう。仮想通貨取引をするなら、とにかく学習する必要があります。その理由は、まったく同じ仮想通貨であるリップルとビットコインの2銘柄だけでも、仕組み的な部分は思っている以上に相違があるからです。

仮想通貨に取り組もうと思うのでしたら、ある程度の能力が必要です。「副業に取り組んで手取りを多くしたいのはやまやまだけど、やることがいっぱいあって時間を確保することができず難しいだろうと考えている」と言うのであれば、少額からビットコインを始めてみることをおすすめします。

仮想通貨の取引をするなら、日本でも有名な企業が資金提供している取引所の方がリスクが少ないのではないでしょうか?そういった視点からも、ビットフライヤーならアグレッシブに取引を始めることが可能なのです。副業と考えてビットコインを手に入れると言われるなら、思いとは逆にダウンしてしまっても大勢に影響がない額から取り組むと良いでしょう。

ビットコインというのは仮想通貨なので会計にも利用可能ですが、投資としての側面に視線が集まっているのも事実です。儲かる時があればそうでない時もあるということを想定しておいていただきたいと考えます。いくらかでも収入を増やしたいと思うのなら、仮想通貨売買をやってみるべきです。アルトコインを少しずつ購入して、リスクを抑制しながら始めると良いでしょう。法人が実行するICOに個人が資金を入れる利点は、手に入れたトークンの値が高くなることです。トークンが爆発的な上昇を見れば、お金持ちになることだって可能だと言えるのです。ビットコインを増やしたいと言うなら、特別な知識がなくてもマイニングに取り組むことができるクラウドマイニングが良いと思います。初心者の方でも楽々参加することが可能です。

仮想通貨について考えてみました

国内の銀行にただ単にお金を預けていても、全然と言っていいほど増えないのはご存知の通りです。仮想通貨取引所の場合はリスクは確かにありますが、その一方でお金を多くするチャンスもあるのです。過熱すると、損失が大きくなってしまいますから要注意です。いろんな人から出資を頼む時に、仮想通貨は至極有効なツールだと言えそうです。携帯一台あれば、今日からでも投資を始められるというのが仮想通貨の一押しポイントです。そんなに大きくない額から投資が可能になっているので、そこまで深く考えることなく始めることができます。

仮想通貨によって商品の代金を支払うことができるお店が増えています。お金を持ち歩くことをせずに快く買い物をしたいなら、仮想通貨取引所をチョイスして口座を開設しましょう。副業という立ち位置でビットコインを手に入れるのであれば、大きく値を下げても痛手を被らない金額から足を踏み入れる方が賢明です。仮想通貨というのはビットコインだけだというわけではないのですが、ご存じだったでしょうか?リップルといったそれ以外の銘柄もいくつもありますので、それぞれの特色を知って、自身にマッチするものを選択してください。

ブロックチェーンに関しましては、ビットコインをはじめとする仮想通貨を買う時の為のみに利用されているというふうなものではなく、種々のテクノロジーに使用されているのです。このブロックチェーンが政府のシステムをはじめ多くの企業に採用され、実装されれば大きなコストダウンが期待できます。銀行が良い例で、リップルという仮想通貨のシステムを使えば従来の6割強コストカットできます。

ビットコインが持つウイークポイントを消し去るための「スマートコントラクト」と称される画期的な技術を活用して取引されているのが、仮想通貨のイーサリアムという銘柄なのです。イーサリアムは契約をブロックチェーン上に記録できて、さらに分散型のアプリも作ることが可能です。

将来的に仮想通貨の取引をするなら、日本では一番大きいビットフライヤーで口座を開く方が良いのではないでしょうか?取扱金額がナンバーワンの取引所ということで評価が高いです。仮想通貨トレードを開始してみようと考えているのでしたら、やはりビットフライヤーをチョイスした方が良いでしょう。テレビコマーシャルでもよく見掛けますし、認知度が高い取引所だと言っても過言じゃありません。