仮想通貨とはについて調査しました。

概要

仮想通貨の最も大きな特徴は現金が発行されていないということです。たとえば、駅やコンビニで使えるようになっている電子マネーは利用するときに現金のやりとりはありません。しかし、その裏付けには法定通貨があり、法定通貨である現金を電子化したものなのです。

一方、仮想通貨は発行から決済、取引の承認まですべて電子上で行われ、実物が存在することはありません。インターネットで生み出されてインターネットで使われるのが仮想通貨なのです。そしてSuicaなどの電子マネーは法定通貨に換金はできませんが仮想通貨は双方向に換金が可能なのも特徴的です。

代表的なビットコインはP2Pという分散型ネットワークを構築しています。これまでは開発者や提供元がサーバー構築をして運営するのが通常でしたが仮想通貨はサーバーを必要とせず、分散されたネットワークで維持ができるためコストカットにも繋がります。

入手方法のひとつしてマイニングという取引の承認作業を行うことの報酬として、仮想通貨を手に入れられることもできますが、取引所による売買で入手する方法が主流になっています。このアルゴリズムをプルーフオブワークと呼び、承認作業が「お金」としての信頼性を保っています。国内外のウェブサービスを中心に決済手段として利用できる箇所が増えています。

問題点

仮想通貨は従来の法定通貨とは一線を画す新たな通貨として注目を集めていますが、問題点もあります。その筆頭に挙げられるのが管理上の問題で、法定通貨は国家が責任を持って発行と管理を行っていますが仮想通貨は管理する団体などが存在しません。そのためトラブルがあっても個人で解決しなければならないのです。また、現物がないため仮想通貨の送金はアドレスによるやりとりで行われますが、送金の認証に多大な時間が掛かるため利用の点で問題になりましたが、現在は解消できていています。またコインチェックなど世界各国の取引所はハッキングを受け、多額の仮想通貨が盗まれるという大事件が起きています。これはオフラインで管理できるレジャーナノという商品があります。PC知識が少し必要なので初心者に向かないのが難点です。

金融庁への登録

仮想通貨は取引所による売買が可能で、株式や為替と同じように取引を行えるようになっています。以前は粗悪な業者が事業を行っていて、顧客の通貨を預け入れたまま倒産するといったことが起きていました。しかし現在は金融庁が仮想通貨交換業者の登録を始めたことで素性が分からない業者に投資家が集まるということがなくなったのです。
とはいえ、現在の仮想通貨市場はまだ発展途上であり、たとえば株式市場では当たり前の値幅制限がなかったり為替市場では一般的なレバレッジがより幅広く利用することが出来てリスクが高くなりやすいといった改善点があります。こういった点についても、金融庁が主導して今後解決することが望まれているのです。

まとめ

仮想通貨は新しいお金であり、最新のテクノロジーです。それがゆえの問題点はいくつもあります。国が介入することにより信頼して利用し始める方も少なくないでしょう。仮想通貨について分かりやすく書いてある「仮想通貨ドリーム」さんのサイトを参考させて頂きました。私のように文字ばかりでなく図も多いのでとても理解しやすいブログです。気になる方は是非、サイト訪問してみてください。

仮想通貨は日々進化しており、リップルのシステムは世界の銀行に普及しています。いまはまだビットコインのみが100万円前後と高価格帯を維持していますが、他のコインが正当な評価を受けるのが2018年ではないかと考えています。まだまだ完成と呼べる仮想通貨はありませんが、実社会が便利になって効率的な決済ができる世の中になってほしいものです。

イーサリアムとビットコインの違い

イーサリアムは時価総額2位の仮想通貨であり、投資家にいつも注目されているアルトコインのひとつです。ビットコインと同じようにブロックチェーン技術を使って取引を記録します。イーサリアムが特徴的なのが、契約自体もブロックチェーンに記録できるという点です。このプログラムを「スマートコントラクト」と呼び、記録した契約を自動的に実行する機能があります。例えばAさんからBさんに10ETH貸して、一ヵ月後にAさんのもとに貸した10EHを返すという自動契約が可能なのです。分散型ネットワークであり、改ざんがしにくいため相手の信用度を気にする事無く、このような契約ができます。

ビットコインのプルーフオブワークはある問題がありました。プルーフオブワークとはビットコインの取引の認証をするためのシステムのことで、マイニング専用のコンピュータを大量に用意できれば独占的に採掘ができてしまうという問題です。本来、仮想通貨は中央集権を否定するものであり、マイニングをするマイナーが発言権を持ってしまったため、ハードフォークが起きてビットコインキャッシュが誕生しました。こういった背景からイーサリアムでは「プルーフオブワーク」ではなく「プルーフオブステイク」というアルゴリズムを開発しました。

ルーフオブステイクとはビットコインよりも消費電力が少なく、多くイーサリアムを保有してるマイナーほど承認される確率が上がります。またコインの量だけではなくコインの保有期間も考慮されるのが興味深いポイントです。ですので参入者がその日に大量にイーサリアムを購入しても、それほど効果は薄いでしょう。しかし保有数が考慮される以上、富の集中化が課題となります。プルーフオブステイクは今後イーサリアムに導入される予定で、あと3年以上はかかるという開発者の発言がありました。

 

Zaif取引所について調査&検討してみました。

取引方法

Zaif取引所は板で売買ができる取引所形式と、シンプルに売買できる販売所形式の二つが利用できるところです。手数料が安く、ビットコインを板で買うとマイナス手数料になるサービスが好評でユーザー数を伸ばしています。

Zaifのレバレッジ取引は最大7.77倍で取引が可能です。さらにAirFXという25倍のレバレッジ取引も可能ですが、2時間毎にスワップ手数料がかかりますので、あまりよいとは言えません。AirFXは強制利確のしくみがあり、証拠金の倍になると利確されるという声が上がっています。AirFXでよいところは「追証が無い」というポイントでしょう。

Zaifでの取り扱い仮想通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

上記の5つがメインの現物取引が可能な銘柄です。Zaifではさらにトークンの売買が可能です。

  • Zaifトークン
  • XCP
  • BCY
  • SJCX
  • FSCC
  • ペペキャッシュ
  • CICC
  • NCXC
  • JPYZ

トークンとは既存のブロックチェーンを利用して発行される独自仮想通貨のことをいいます。例えばZaifトークンはカウンターパーティ(Counterparty)仮想通貨の仕組みを利用して誕生しました。

COMSAトークン

またZaifではCOMSAトークンというICO用のトークンを発行しています。通常ICOでの資金調達は技術者の必要性があり、投資家からすると詐欺被害も続出して過去があり、どのICOが正当なのか見極めが難しいという問題がありました。その両者の問題を解決しようとしているのがZaifのCOMSAトークンです。企業がICOで資金を集めたい時に、Zaifが仲介役として入り、もめごとが無く、証券取引のように不正がないかの精査ができる仕組みです。

まとめ

Zaifはアルトコインを板で買えるとても良い取引所です。サーバーが重くなる時があり注文が通りにくいというクレームはありますが、それ以外はきちんとしている取引所と言えます。今後もZaifトークンはCOMSAトークンに期待が高まっていくでしょう。

仮想通貨投資で注意点まとめ

投資対象として仮想通貨を買い付けるという場合は、あなたと家族の生活に悪影響をもたらすことがないようにするためにも、大胆なことはせずに小さな額からやり始めるようにしましょう。仮想通貨取引をするなら、とにかく学習する必要があります。その理由は、まったく同じ仮想通貨であるリップルとビットコインの2銘柄だけでも、仕組み的な部分は思っている以上に相違があるからです。

仮想通貨に取り組もうと思うのでしたら、ある程度の能力が必要です。「副業に取り組んで手取りを多くしたいのはやまやまだけど、やることがいっぱいあって時間を確保することができず難しいだろうと考えている」と言うのであれば、少額からビットコインを始めてみることをおすすめします。

仮想通貨の取引をするなら、日本でも有名な企業が資金提供している取引所の方がリスクが少ないのではないでしょうか?そういった視点からも、ビットフライヤーならアグレッシブに取引を始めることが可能なのです。副業と考えてビットコインを手に入れると言われるなら、思いとは逆にダウンしてしまっても大勢に影響がない額から取り組むと良いでしょう。

ビットコインというのは仮想通貨なので会計にも利用可能ですが、投資としての側面に視線が集まっているのも事実です。儲かる時があればそうでない時もあるということを想定しておいていただきたいと考えます。いくらかでも収入を増やしたいと思うのなら、仮想通貨売買をやってみるべきです。アルトコインを少しずつ購入して、リスクを抑制しながら始めると良いでしょう。法人が実行するICOに個人が資金を入れる利点は、手に入れたトークンの値が高くなることです。トークンが爆発的な上昇を見れば、お金持ちになることだって可能だと言えるのです。ビットコインを増やしたいと言うなら、特別な知識がなくてもマイニングに取り組むことができるクラウドマイニングが良いと思います。初心者の方でも楽々参加することが可能です。

ビットコイン購入はどこが1番良いのか?おすすめを調べた

ビットコインを購入するにあたって

まずは手数料を調べました。手数料が安いのはマイナス手数料のZaifが一番お得に購入できます。レバレッジ取引をしたい方は15倍でできるbitFlyerのbitFlyerFXが一番人気のようです。Twitterの口コミも調べましたが、bitFlyerFXはSFD設定が若干不評のようですね。

アプリ操作など、誰でも簡単にできるのがbitFlyerです。一番シンプルに作られていてチャートも見やすいので重宝されていますね。

ビットコインを一番安く買える取引所を調査

Zaif(ザイフ)は手数料安いというのもありますが、最小単位も一番低く、0.0001BTCという単位から購入することができます。注文板というところから希望の額、または自分の購入したい額で注文を出すことができます。相場が激しく動いているときは、板に出ているレートで注文を出さないと、注文がいつまでも決まらず、損をしてしまうこともあります。

仮想通貨について考えてみました

国内の銀行にただ単にお金を預けていても、全然と言っていいほど増えないのはご存知の通りです。仮想通貨取引所の場合はリスクは確かにありますが、その一方でお金を多くするチャンスもあるのです。過熱すると、損失が大きくなってしまいますから要注意です。いろんな人から出資を頼む時に、仮想通貨は至極有効なツールだと言えそうです。携帯一台あれば、今日からでも投資を始められるというのが仮想通貨の一押しポイントです。そんなに大きくない額から投資が可能になっているので、そこまで深く考えることなく始めることができます。

仮想通貨によって商品の代金を支払うことができるお店が増えています。お金を持ち歩くことをせずに快く買い物をしたいなら、仮想通貨取引所をチョイスして口座を開設しましょう。副業という立ち位置でビットコインを手に入れるのであれば、大きく値を下げても痛手を被らない金額から足を踏み入れる方が賢明です。仮想通貨というのはビットコインだけだというわけではないのですが、ご存じだったでしょうか?リップルといったそれ以外の銘柄もいくつもありますので、それぞれの特色を知って、自身にマッチするものを選択してください。

ブロックチェーンに関しましては、ビットコインをはじめとする仮想通貨を買う時の為のみに利用されているというふうなものではなく、種々のテクノロジーに使用されているのです。このブロックチェーンが政府のシステムをはじめ多くの企業に採用され、実装されれば大きなコストダウンが期待できます。銀行が良い例で、リップルという仮想通貨のシステムを使えば従来の6割強コストカットできます。

ビットコインが持つウイークポイントを消し去るための「スマートコントラクト」と称される画期的な技術を活用して取引されているのが、仮想通貨のイーサリアムという銘柄なのです。イーサリアムは契約をブロックチェーン上に記録できて、さらに分散型のアプリも作ることが可能です。

将来的に仮想通貨の取引をするなら、日本では一番大きいビットフライヤーで口座を開く方が良いのではないでしょうか?取扱金額がナンバーワンの取引所ということで評価が高いです。仮想通貨トレードを開始してみようと考えているのでしたら、やはりビットフライヤーをチョイスした方が良いでしょう。テレビコマーシャルでもよく見掛けますし、認知度が高い取引所だと言っても過言じゃありません。

カードローンの審査では主にこのような点を見られます

カードローンを契約してお金を借りる時は、まず審査が行われます。これに通らないとお金を借りることができません。個人の借入は、基本的に担保も保証人も要りませんが、その代わりその人の返済能力が重視され、そのために審査が行われるわけです。審査では、まず安定した収入があるかどうか、そして信用情報にブラックが登録されていないかを見られます。この2つは、返済能力をチェックするためのものです。収入がないと、お金を借りても返済することができません。またブラックが登録されるということは、ローンの返済が3回続けて遅れた場合、または債務整理をした場合です。このいずれもが、期日までに返済できなかったということなので、金融機関としてはその部分をまず見る必要があるからです。

その他、他社からの借入も審査では重要になります。他社からの借入件数が多い場合は、返済能力を疑問視されるため、新規に融資をしてもらえないこともあります。特に消費者金融のカードローンには、総量規制があります。総量規制は、年収の3分の1に当たる金額を、借入限度額とするシステムです。このシステムは、消費者金融でのカードローンの利用すべてが対象となります。ですから、消費者金融からの利用が多く、借入額が限度額を上回ってしまうようになると、審査に通らないことがあります。このような時は総量規制対象外の消費者金融、または銀行のカードローンに申込むようにしましょう。銀行は消費者金融とは違い、総量規制はありません。それから申込時は、用紙に記入した、あるいはフォームに入力した事項に、間違いがないかどうか気をつけましょう。もし個人情報、たとえば電話番号が間違っていたりすると、連絡を取ることができず、カードローンを利用できなくなってしまいます。また勤務先の正式名称や、電話番号などもきちんと把握しておくようにしましょう。また審査に通りやすいように、他社からの借入件数や借入額をごまかしても、金融機関には嘘だとわかりますので、避けるようにしましょう。

カードローンとはどのようなサービス内容か

カードローンとは、カードを使ってお金を借りることができるローンです。通常金銭消費貸借契約は、その契約の成立のためにお金を渡す必要があります。これは要物契約だからです。しかし、カードローンは、民法に定める典型契約ではなく無名契約で、将来的にお金を借りたいときにいつでも借りることができるようにしています。ただし、お金を実際に借りない限りは、利用者は何らの負担を負うことは有りません。そのため、返済の取り決めなどについては津城の金銭消費貸借契約とは変わる物ではありません。

カードローンは、利便性が高いのが特徴です。まず、必要な時に必要ン額だけを借りることができます。借りたお金にはr足を付して返済をしなくてはなりませんから、借りすぎると負担は重くなってしまいます。その点、少しずつ借りることができ、多くは1万円単位で借りることができるので、無駄な支出をしないように調整できます。カードローンは、カードを使ってATMからお金を引き出す方法で融資を受けます。すでにカードを作っている場合、限度額内で24時間融資を受けられます。なぜなら、現在コンビニにATMは必ずおいてありますし、対応していることが多いためです。そのため、夜間に急にお金が必要になる事態が合っても安心です。追加返済も可能です。追加返済をすれば、利息の額を減らすことができます。利息は日割りで発生するため、速く返済をした方が当然利息は低くなります。そのため、臨時収入が入ったときにこまめに返済をする癖をつけておけば、債務が減るスピードは速くなります。契約をしたい場合は申し込みをしなくてはなりませんが、申し込みの方法は充実しています。店頭、電話、郵送といった昔ながらの方法や、インターネット、無人契約機を利用するといった方法もあります。インターネットの方法には、スマートフォンのアプリケーションを利用する方法もあるなど、申し込みのしやすい環境が整っています。

カードローンの返済について

クレジットカードというものは大変に便利なものであり、ついつい意識をしないうちに多額の買い物をしてしまっていることがあります。また同時にリボ払いの設定にしておくと実際には1000円のものが1500円のもので購入していたことになるなど、メリットとデメリットが大きなものであります。これはあまり知られていないことでありますが、実際にはこのように借金、と似た形でのクレジットカード支払いとなっていることが多いのです。

カードローンについては、一枚のカードから次々とたくさんのローンがうまれてしまうという、多重債務の状態がとても大変であるとされています。まず、返済をするために一枚目のカードの返済のため、別のカードから借り入れを行い、それが自転車の車輪のようになってしまう状態が多重債務と呼ばれるものであり、破産寸前の場合もあります。返済方法に関してですが、ある一定のまとまったお金を用意出来るのであればそこから用意し、それを一括返済すれば、それでローンは終わります。終わったあとには、本当に必要なカードとそうでないカード、これらを区別した上で、今後、また大きなローンにならないように、気をつけるべきことが重要です。カードローンの返済にはまとまったお金が必要なことでありますが、まずは生活態度の見直しをしていけば、余分にお金がうまれてくれることがあるのです。

例えば、外食を減らし自炊を試す、使わない電気をしっかり管理していくこと、このような些細なことでも、節約につながります。また、契約者として、保険加入している人には朗報ですが、保険そのものを継続しつつ、そこから借り入れを行うこともできます。これはそもそも自分のお金であるため、死後などのお金が減ってしまっても、最悪、返済しなくても問題がないお金ですので心配せずに借り入れを行うことが出来るものとなっています。

カードローンの在籍確認って何?

急にお金が必要になった時や、給料日前などで金欠の時にはカードローンを利用するのが便利ですが、実際に利用するには所定の審査が行われる場合がほとんどです。借りる側の氏名や住所などの個人情報はもちろんのこと、勤務先や収入などについても聞かれることがありますので、本当のことを記入するようにしましょう。

また、カードローンの審査に欠かせないものとして、在籍確認があります。在籍確認は、主に勤務先と自宅に電話をかけて実際にその会社に勤めているか、自宅であればそこに住んでいるかを確認するものです。携帯電話を所有している場合は、携帯電話にも電話をかけることがありますから、必ず繋がるようにしておくことが大切です。特に気をつけたいこととして、勤務先への在籍確認は借りる側がその会社に在籍しているかどうかを確認する目的がありますので、できれば在籍確認時に本人が会社にいることが望ましいです。

しかし、カードローンの申し込み時に会社に在籍確認を行う時には、会社の方に聞くだけで在籍確認が完了することもあります。聞くといっても、カードローンの申し込みをしたことについては一切触れませんし、カードローン会社の社名も名乗ることはありませんので、申し込んだことが会社に知られる心配はありません。ですから、勤務先に電話をかけられることに不安な方は、そうした心配は無用だと考えて差し支えないでしょう。

ただし、どうしても勤務先に電話をして欲しくないという方は、場合によっては会社の給料明細や社員カードなどを提示すれば、それで在籍確認が済む場合もあります。この場合の対応は、カードローン会社によって違いがありますので、事前に電話などで確認しておくと良いです。そうすれば、安心してカードローンの申し込みができますし、勤務先に在籍確認される不安もなくなります。どちらにしても、カードローンを利用する時には、プライバシーは守られますので心配はありません

1 2 3